脚痩せガイドライン 緑黄色野菜

足痩せしたいなら緑黄色野菜を摂れ

脚痩せると食事の関連性を考えた場合、たかだか食事に気をつけただけで、改善することができるのかという疑問を持つ方は多いことでしょう。

 

しかしながら、食事は部分痩せのみならず、ダイエットには必須の方法になります。当然に脚痩せると食事を考えた場合にも、有効な食事は大事といえます。食事の一つとして、緑黄色野菜について紹介しましょう。

 

緑黄色野菜で部分痩せする

 

脚痩せると食事を考えた時、オススメなのは、緑黄色野菜です。緑黄色野菜といえば、ほうれん草や人参、更にかぼちゃやピーマンといったものです。

 

たまにズッキーニやセロリ、レタスなども緑黄色野菜だと思っている方が多いですが、これらは淡色野菜と呼ばれており、緑黄色野菜ではありません。

 

栄養素でいうと、カロテンを多く含んでいる野菜が緑黄色野菜になります。数値でいえば、600マイクログラム以上になります。ただし、トマトやピーマンには、600マイクログラム以上含まれていないものの、緑黄色野菜に分類されています。

 

これは他にもビタミンやミネラルの含有量の加味されるためです。

 

カロテンが部分痩せにつながるのか?

 

緑黄色野菜が部分痩せに有効だと言われているのですが、部分やせにカロテンは有効なのでしょうか。カロテンの中でも、βカロテンはビタミンAが体にもたらしてくれる働きと非常に類似しているとされています。

 

その働きは、ずばり、肉体を健康でキレイにするといったもの。特徴として、ビタミンAは熱に弱いという特徴を持っていますから、加熱をすると、その効果を十分に発揮できないのです。

 

ですから、加熱しても熱につよいカロテンを食事メニューに取り込むことで、効率良く体内に摂取することができ、ビタミンAと同じようにキレイでスリムな脚を作り出すことができるのです。

 

他にもあるカロテンの健康効果

 

余分な老廃物を排出しやすくできるリンパの流れを正常化したり、血流改善ができると言われている緑黄色野菜ですから、むくみからも開放されます。

 

その上で前述のキレイにする効果がありますから、脚やせには最適なのです。他にも目がよくなったり、美肌効果もあるという風に言われていますから、脚やせのみならず、様々な健康効果や美容効果が期待できると言われています。